グランド・モスケ・ド・パリ

グランド・モスケ・ド・パリ (Grande Mosquée de Paris)は、フランスにあるモスク。ヒスパノ・ムーア様式(fr)で、付属するミナレットの高さは33mである。パリ5区、ジャルダン・デ・プラント地区、ジョルジュ・デスプラ通りに位置する。1926年7月15日、シ・カドゥール・ベンガブリット(fr)によって創設された。グランド・モスケは、イスラム教とイスラム教徒の可視性にとって象徴的な、重要な場所である。グランド・モスケ・ド・パリへは、パリメトロ7号線のプラース・モンジュ駅、ダンシエ=ドーバントン駅からアクセスできるだけでなく、RATPバス(fr)のバス路線からも利用できる。歴史起源グランド・モスケの歴史は、フランスの植民地政策と関係がある。グランド・モスケ建設最初の起草は、「1842年のボージョン地区において、そして1878年から1885年まで同様の理由としてモロッコ大使館において再燃した」と証言されている。1846年、ソシエテ・オリアンタルが「パリへ、そしてマルセイユへ、墓、モスク、そしてイスラムの神学校を」という建設計画を提案した。「慈善的な理由、そして政治的な理由が付け足された(アルジェリア征服と講和)が、むしろ宗教的な理由であった。なぜならばイスラム教は、ユダヤ教よりもカトリック教会に近いとみなされていたからである。」外務省と議論した司法省と宗教省が消極的であったため、10年間計画は停滞した。パリ駐在のオスマン帝国大使館は、1856年11月29日の県条例を背景に、イスラム教徒の埋葬用に、パリ東墓地の第85号区画を予約した。パリ東墓地はのちペール・ラシェーズ墓地と呼ばれるようになる。区画は800平方メートルほどだった。そこに、遺体安置所と、祈りを捧げるための「モスク」と呼ばれるものが建てられた。この建物はパリ地域で最初に建てられたモスクであったが、9世紀にフランス南部からイスラム教徒が駆逐されて以来の、西欧初のモスクではない。西欧初のモスクは長いこと、マルセイユの「トルコ人墓地」の内部にあった(フランス革命中に破壊されてしまっている)。初期の墓地には、フランス国内で亡くなったトルコ人が埋葬されていた。1883年には狭くなって、ほとんど使用されなくなっていた。建物は荒廃の危機に陥った。オスマン帝国政府は、復興と拡張のための資金調達を決めた。1914年、建設計画が提案された。ドームのある、イスラム風の広い建物を建てると決められた。第一次世界大戦が、この計画の現実化を妨げた。1923年、イスラム問題省庁間委員会は、ペール・ラシェーズ墓地のイスラム教徒墓地事業について議論した。委員会は、パリ植物園地区にイスラムの施設が建てられて以降、このネクロポリス内にモスクを建設するのは無益であると結論づけた。

Adresse

105 Rue Des Fauvelles
Paris
75005

Notifications

Soyez le premier à savoir et laissez-nous vous envoyer un courriel lorsque グランド・モスケ・ド・パリ publie des nouvelles et des promotions. Votre adresse e-mail ne sera pas utilisée à d'autres fins, et vous pouvez vous désabonner à tout moment.

Contacter L'entreprise

Envoyer un message à グランド・モスケ・ド・パリ:

événements/lieux á proximité


Autres Lieu de spectacles et de tenue d’évènements à Paris

Voir Toutes